お祝いには祝電を!オススメの電報会社ランキング

トップページ > 祝電情報 > SNSが普及している現代、祝電を送るメリットは

SNSが普及している現代、祝電を送るメリットは

 スマホの普及率が進み、コミュニケーションの手段は、電話、手紙、メールと時代によってどんどん移り変わっています。
ソーシャルネットワーキングサービスの隆盛で、簡単に遠く離れたところにいる家族や友人にひんぱんに近況を伝えることができるようになりました。
また無料でやり取りできるアプリも多くなり、大変便利になりました。
そんなデジタル化の波のなかで、今あえて電報が果たす役割はどんな点でしょうか。
電報の利用用途として多いのはやはり祝電と弔電です。
結婚式などのお祝いの席や、葬儀などのお悔やみの席などのいわゆる冠婚葬祭と呼ばれる人生の節目の中でも非常にフォーマルな場面です。
親しい仲でない限り、フォーマルの席で大切な人へのメッセージを伝える際に、いくらSNSやメッセージアプリが手軽で、発達しているからといってもそんなツールを利用する人はまだそう多くはないはずです。
結婚式という人生の大切な節目で電報をもらうということは、単なるメッセージの送受信という役割だけでないスペシャル感を演出することにつながるというメリットがあります。



 気持ちを伝える祝電の正しい送り方

結婚式などにどうしても出席できないような場合には、祝電を送るという方法があります。
お祝いをしたいという気持ちを、相手にしっかり伝えることができるだけではなく、最近ではさまざまなキャラクターが付属されているタイプもありますので、相手にとって良い記念になるはずです。
しかし、祝電を送る場合には注意が必要な場合もあります。
記載する言葉は、必ず切れるという言葉や別れる、離れるなどの表現は避けるようにしましょう。
これは、縁起が悪いという意味があり、必ずこうした表現は使用しないように気をつけておきましょう。
また、送るタイミングとしては開始1時間前までに届くようにしておきましょう。
祝電は出席者に紹介することにもなります。
後から届いてしまうことで、紹介のトラブルになってしまうことがありますので、極力早目に届くようにしておきましょう。



 正しく祝電を送る場合のポイント

祝電は、結婚式などに参加できない場合に気持ちを伝えるとても重要なアイテムになっています。
友人や親族、会社の上司や先輩などどうしてもその式に出席できない場合は、必ず送るようにしっかり手続きを行っておくようにしましょう。
祝電を送る場合は、それほど難しい手続きは必要ありません。
基本的には電話で送ることができますが、最近ではインターネットを活用した方法がとても便利です。
ぬいぐるみなどが付いているタイプなど、インターネットで実際の写真を確認しながら選ぶことができますので、相手に気持ちをしっかり伝えるという意味でもインターネットを利用して相手の雰囲気に合っているタイプを選ぶようにしましょう。
また、送る文言については友人や親戚、そして会社の上司や先輩など適切な言葉を選ぶことが基本です。
失礼のないように言葉を選ぶようにしましょう。