お祝いには祝電を!オススメの電報会社ランキング

トップページ > 祝電情報 > 電報の祝電で選べるプレゼントの種類

電報の祝電で選べるプレゼントの種類

電報はお祝い毎やお悔やみ毎などの際に自身の気持ちを伝えることができる、便利なサービスの1つとなっています。
では実際にお祝い毎で祝電を送る際に、単純にメッセージを送るだけでなく様々な種類のプレゼントをつけることも可能となっています。
まず一般的にプレゼントとして多い種類の1つとなるのが生花になります。
結婚式や誕生日などに送るのにふさわしいプレゼントであり、またプリザーブドフラワーなどをつけて送る場合も多いです。
それ以外のプレゼントとして押し花が付いている台紙のプレゼントなどがあります。
台紙自体がとても綺麗になっているので、様々な祝電を送る場面で人気のあるプレゼントとなっています。
それ以外の目を引く台紙としては、刺繍やうるしなどが施されているタイプの物もあります。
お祝いしたい気持ちと合わせて様々なプレゼントを活用すると、より素敵な電報にすることができます。



祝電と一緒に送るオリジナル商品の種類

お祝い毎の際には基本的に自分でお祝いする気持ちを伝えることがポイントになります。
ですが仕事や自身の病気など、直接お祝いの言葉を伝えることが難しい状態の場合、変わりに気持ちを伝える方法として電報の祝電を利用することができます。
祝電は電話やインターネットを利用することですぐに依頼することができ、とても便利なサービスの1つになっています。
祝電を伝える場合に様々な種類の台紙などから選ぶことができ、より相手にお祝いの気持ちを伝えることが可能です。
そんな電報とお合わせてオリジナル商品を一緒に送ることもできます。
オリジナル商品として送る種類として、クラフトブックなどがあります。
それ以外にお祝いする気持ちを形に残すという意味でも、ぬいぐるみを送ることも出来ます。
また最近人気があるのがキャラクター電報などがあります。
送る相手の好きなキャラクターを活用することで、より相手を喜ばせることができます。



結婚式への祝電を依頼するタイミング

お祝いをする行事として社会人になって増えるのが結婚式になります。
本来結婚式に招待された場合であれば、自身が披露宴や式に出席することでお祝いの言葉を伝えることができます。
ですが仕事や自身の病気といった様々な状態によって、式に参列が出来ないといった場合があります。
そんな時に便利なサービスとして、電報の祝電を利用することでお祝いの気持ちを伝えることができます。
また式には招待されてはいない状態であっても、個人的にお祝いの気持ちを伝えたいというときにも、祝電は活用されることが多いです。
では実際に結婚式へ電報を送る際のマナーですが、式が開かれる前日には式場に届くように送るのがポイントになります。
例え遅くても披露宴が始まる1時間から2時間前には届くように手配することが重要です。
また電報と合わせてプレゼントなども一緒に送る場合は、通常の電報に比べて届けるのに数日かかる場合もあります。
その為、送る際には余裕をもって2週間前から手配を行うのが安心したタイミングといえます。