お祝いには祝電を!オススメの電報会社ランキング

トップページ > 祝電情報 > 祝電を送る時はどんな事に気を付けたらいいの

祝電を送る時はどんな事に気を付けたらいいの

祝電を結婚式の披露宴が行われる日よりも前に送られる方は、
前もって会場の営業日時や時間の確認をして下さい。
何故かと言いますと新郎新婦の元へ確実に届ける為に祝日や定休日などはおさけになった方が良いからです。
祝電を送られる際に使用しては行けない言葉と言うのもございまして、
ここはお祝いの場なので別れを連想させてしまう「忌み言葉」と、
再婚を連想させてしまう「重ね言葉」は使用しないようにして下さい。
忌み言葉を例えますと別れる・壊れる・死ぬ・終わるなどになりまして、
重ね言葉はまたまた・たびたび・再びなどになります。
特に注意して頂きたいのが「両家のますますのご発展」をと言うのも実は重ね言葉になっています。
贈られる際には結婚式の日程が分っている際には早めに用意して頂き、
披露宴が午前中の場合は前日までに午後の場合は開始一時間前までに届くよう手配して下さい。
宛名につきましては新郎新婦のお二人宛に書かれるのが一般的ではございますが、
関係性によってはどちらかのみでも問題はございません。
贈り先に付きましては結婚披露宴が行われる会場をご記入下さい。


結婚式の祝電ってどんな時に用意するの

結婚式の祝電を送る場合を6つ紹介します。
まず一つ目はご友人や親族の方と言う関係性に関わらず、
結婚式の招待をお受けになられた際で当日に参加する事が出来ない場合に送りまして、
どうしても出席する事が出来ない場合は早めに準備をする事がおすすめとなります。
次に2つ目は結婚式に招待をされて居ない親族の方や友人の方になりまして、
新郎新婦の方にお祝いの言葉を贈る事で祝福の気持ちを伝える事が出来ます。
3つ目は会社の同僚の方の結婚式の際には、
会社の方連名でお祝いメッセージをお送りします。
4つ目は会社の社員が結婚式をされる際に社長が出席出来ない時になりまして社長の名前で祝電を送ります。
この時一般的には社長の秘書や総務部でお祝いのメッセージを用意されますが、
社長オリジナルの文を一言添えますととても丁寧になります。
5つ目は取引先の御子息の方が結婚式を挙げられる際は社長の名前でお送りします。
この時につきましても社長秘書や総務部で用意しますが、
社長に幾つかの候補の中から選んで頂きそこへ一言添えて貰って下さい。
6つ目は取引先の社員の方で仕事でお付き合いの有る方が結婚される場合になりまして、
社長の名前もしくは取引のある部署の名前で祝電か電報をお送りします。


祝電のメリットと気をつけるべき点

今の時代は携帯電話やスマートフォンを始めとし、連絡を取る手段は豊富にありとても便利な時代となりました。
しかしそんな現代だからこそ電報を送るメリットもあります。日頃使うことがないものだからこそ、より改まった気持ちを伝えることができるというのが一番のメリットです。
結婚式や誕生日などおめでたい日に送る祝電では、文字だけではなくギフトを共に贈ることができるのも良い点ではないでしょうか。しかし祝電を送る際には気をつけておかなくてはならないこともあります。その一つとしてあげられるのが、送るタイミングです。電報を送ることができる業者は豊富にありますが、何日前までに申し込まなくてはならないのかにも違いがあります。
特にギフトを共に贈るとなれば、余裕を持って申し込んでおかないと届けて欲しい日に間に合わない可能性もあるので気をつけましょう。