お祝いには祝電を!オススメの電報会社ランキング

トップページ > 祝電情報 > 祝電においてバルーン電報を活用する利点と留意点

祝電においてバルーン電報を活用する利点と留意点

祝電においてバルーン電報を活用する局面は着々と増えてきて、ぬいぐるみ電報、あるいはフラワー電報のように使われるケースが増加傾向にあります。
利点としまして、まず第一に、飾れる種類の電報ですから新郎新婦にとどまらず披露宴並びに二次会に参列したゲストに対しても見せることが可能で、会場を躍動的に装飾することができます。
また、風船ですから披露宴や二次会において使ったあと、帰路の積荷になることがありません。
他とは異なるオリジナルなプレゼントなので相手方の記憶に残り易く、重要な結婚式に出席することができないときに効果的な利用ができます。
そして、 バルーン電報の留意点は、販売価格が非常に高いところとぬいぐるみ電報と同様に記念として物を残すことが不可能な点が挙げられます。
しかしながら、台紙電報と同じ様に電報メッセージにつきましては台紙によって送り届けることが可能なので何も残らないということではありません。



祝電として電報を活用するメリット

電報が、非常によく使用される局面は、結婚式に招待された場合に、出産間近であったり、出産したところで行くことができないケースが多いと考えられます。
電報によりまして、行くことができない事の申し訳無い意識と、一生懸命に取り組んで下さいという祝福メールといえます。
メリットは、重要な友人に対してのエールを電報によって伝達できる事です。
電話は、日常茶飯事ですが、電報という形でメッセージを伝達する事は、非常に貴重であり、印象に残るものといえます。
このところの電報につきましては、以前よりもキュートなものも多く、キャラクター物や、ぬいぐるみで電報を挟んだりと充実しています。
活用されるシチュエーションは、主として冠婚葬祭においての祝電になります。
出席することができない方が、形としてメッセージを残す事になります。



祝電を頂いた時のマナーをお教えします

祝電を頂いた際、電話やはがきなどで連絡をしましょう。
お祝いとして、お金や品物を頂いた場合は、内祝いで半額程度の金額をお返しするのが、一般的ですが、祝電だけの場合は、品物を渡すと贈って頂いた方に返って気を使わせてしまいます。
そのため、贈り手の気持ちを考えて、早めにお礼の言葉を伝えるのが一番のマナーです。
当日も挙式などで忙しく、翌日から旅行に行く方もいて、時間が取れない場合もあります。
あまり遅くならないうちに連絡をしておきましょう。
また、電話でのお礼を伝える事が難しい場合は、はがきでお礼の気持ちを伝えましょう。
その時、署名は二人の連名で書く事です。
新婚旅行へ行かれる方は、気持ちだけのお土産を添えてお礼の気持ちを伝えるのも良いでしょう。
ぬいぐるみやバルーン等が一緒についているものを頂いた場合は、若干のお土産があると良いですよ。