お祝いには祝電を!オススメの電報会社ランキング

トップページ > 祝電情報 > ぬいぐるみ付きの祝電の利点と注意点

ぬいぐるみ付きの祝電の利点と注意点

現在では電報はただ文字を送るだけのものではなく、文字とともに様々なギフトを贈るというスタイルが主流に変わりつつあります。
その中でも結婚式に送る祝電では、ギフトをつけることが当然と考えている人も多いのではないでしょうか。
花束やバルーンなどギフトの種類も様々ですが、その中でも人気が高いものがぬいぐるみ付きの祝電です。
そのものが可愛いので、結婚式の場合は披露宴会場に飾ってもらうことができたりと、場を華やかにすることができるというメリットがあります。
ぬいぐるみならば、当日だけではなく自宅に持ち帰ってもらい飾ってもらうこともでき記念に残ることから人気となっています。
しかしぬいぐるみと一口に言っても様々なキャラ下さいがあるので、新郎新婦の好みに合わせたものを選んでおかないと、ありがた迷惑になってしまうので気をつけましょう。



バルーン付きの祝電のメリットとは

電報といえば文章に気持ちを乗せて送るものというイメージがありますが、近年ではギフトを共につけて贈ることが主流となりつつあります。
その中でも結婚式で利用される祝電には、ギフトをつけることが大半となってきています。
ギフトと一口に言っても様々なギフトがありますが、近年人気を高めているのがバルーン付きの祝電です。
バルーンならば会場を華やかにし盛り上げる役割も担っているので、新郎新婦だけではなくゲストも目で見て楽しむことができるというメリットがあります。
良い点はそれだけではなく、当日が終わり不要ならば処分しやすいというのも良い点ではないでしょうか。
もちろん残しておきたい時には、空気を抜けば場所を取ることもなく保管場で困ることにもなりません。
相手を困らせないギフト付きの電報がバルーン電報ということは確かです。



祝電を送る際に気をつけるべきマナー

おめでたいことがあり、直接お祝いの気持ちを伝えることができない時に役立つものとして、現在でも利用されているのが祝電です。
日頃使うことがないからこそ、受取人もより嬉しいことは確かですが、送る際にはマナーに気をつけておかないと返って失礼に当たってしまうことになるので気をつけましょう。
送る際には、まずはタイミングに気をつけるようにしておかなくてはなりません。
電報は当日はもちろん前日に申し込めば必ず届くと考えてしまいがちではないでしょうか。
しかし近年当たり前のようになっているギフト付きの電報の場合には、早い段階で手配しておかないと届かないという可能性もあるので気をつけておかなくてはなりません。
間に合わないとなれば、マナー違反にあたるので必ず間に合うように手配しておくようにすることが基本的なマナーになります。